黒猫ちゃんが我が家にやってきました!(但し不法侵入)

今日は、猫が我が家にやって来ました。勿論飼うわけではありません。文字通り「来た」のです。近所の飼い猫、黒猫ちゃん。普段は近所の庭で日向ぼっこしたり、屋根の上を走り抜けて家の中にいる人を驚かせたりしているヤンチャ猫です。ご近所さんでも有名で、飼い主がいるので餌付けこそ皆しないものの、元気に走り廻る様を皆笑顔で眺めていました。ただ、人馴れしているとはいっても、屋内に入ってくることは今までありませんでした。

常々我が家は扉を締め切っていますから、入ってくるはずがないとも思い込んでいましたし。ところが今日、買い物から帰ってくると、誰もいなかったはずの家の中を一瞬走る小さな黒い影。見間違いかと思ったものの、耳をすましてみれば小さく聞こえるニャーという啼き声。近付いて確認してみれば、近所のアイドル黒猫ちゃんがトコトコ歩いています。

最初はうっかりミスの多い母が疑われたものの、すぐに無罪放免。軒下が一部壊れてしまっていて、そこから入り込んでしまったようです。小さくて本当に小動物が入り込めるほどの穴です。いつの間に空いていたのやら……。

原因がわかったものの、家の中に入り込んだ黒猫ちゃんをどうするのかでまた一悶着。何しろ我が家、猫を飼ったことのある者がいないのです。どうやって捕まえるのか、と途方にくれました。扉を開け放してはみたものの、居心地が良かったのか飼い主さん家とは違う環境が物珍しいのか、出て行かず我が家を走り廻っています。

当然土足の黒猫ちゃん。足を拭いてから屋内に入る、なんてマナーもありません。キュートな足跡をそこかしこにスタンプしつつ、縦横無尽に家の中を走り廻ります。何とか自分たちで捕まえて、飼い主さんに知られることなく穏便にことを済ませようとは頑張ってみましたが、猫の知識がない我が家ではどうにもなりません。

人様のペットに何か起こってからというのも怖いので、結局飼い主さんにご連絡して引き取りに来て頂きました。飼い主さんは、本当に申し訳無さそうな顔で引き取りに来られました。猫はあまり懐かないなんてよく聞きますが、飼い主さんが迎えに来られると、ひょいと出てきてゴキゲンそう。嵐はあっさり去っていきました。

足跡の拭き掃除も何とか終わって、今から軒下の修理です。業者に頼むほどでもないので、ホームセンターで材料を買いこんでのんびり修繕しようと思います。不幸中の幸い、雨や雪の時期ではなくて良かったです。

投稿日:

夏休みの自由研究を「カラス」にして「カラス女」と呼ばれた思い出

先日、姉から電話で姪っ子の夏休みの自由研究について相談されました。これまでずっとハンドメイド的なものにしていたので、今年はちょっと違ったものに挑戦させたいとのことでした。しかし子供もいない、ましてや結婚すらしていない私にそんな話題を振るなんてそれはちょっと無理があるというものです。

しかも「他とは被らないもの」という厳しい条件付きです。結局「あんたに聞いてもね~」って嫌味でしめて電話は切れました。分かってんなら電話してこなけりゃいいのに。そんな一件があり私は忘れかけていたちょっと苦い出来事を思い出す事となったのです。

それは私が小学4年生の時のことです。夏休みの自由研究に「カラス」を取り上げたことがありました。なぜカラス?理由は実に単純で、通学途中でなぜかいつもカラスに荒らされているゴミステーションがありました。同じ条件のゴミステーションは他にもあるのに、他は大丈夫でなぜかそこだけがひどく荒らされるんです。なんでなのかな?といつも疑問に思っていたので、その年の自由研究を「カラスの研究」にしたわけです。

日本には数種類のカラスが飛来しますが、私が当時住んでいた地域に生息していたのは「ハシブトガラスとハシボソガラス」の2種類でした。市街地で見かけるといったらほぼほぼこの2種類になると思います。主にゴミを漁っているのがハシブトガラスとされていますが、ハシボソガラスも同様にゴミステーションではよくお見かけします。見分け方としては、嘴が太く額が出っ張っているのがハシブトガラスで「カァカァ」鳴きます。

ハシボソガラスはハシブトよりもひと回りほど小さく額も出ていません。で「ガァガァ」と濁った声で鳴きます。都心部や繁華街、住宅街のゴミを漁ったり繁殖期に人間に攻撃してくるのはハシブトガラスです。それらの場所に群れでいるのがハシブト、その中にハシボソが単独で混ざっている感じです。当時私が住んでいた地域では確認されているカラスの巣は確か3~4ヶ所あったはずです。

で、夕方になると集合場所に集まり巣のある山へと帰っていくわけです。北国なので冬になると山の巣が雪で覆われるため、カラスたちは市街地で夜を過ごす時期もあります。電線などに何十羽と留まっている姿を見かけたことありませんか?そんな時は気持ち悪いと言わずに「ああ、巣が雪で帰宅できないんだな」と見守ってあげましょう。

確か当時は図書館へ行って資料を調べたり、地方新聞社から発行されたカラスの生態についての本などを参考にイラストを入れたり、カラスに目を付けられないゴミステーションの条件などをまとめ上げたと記憶しています。これが結構評判が良くて新聞社主催の自由研究・作品コンクールの優秀賞を頂いたんです。

学校でも表彰されたりしたのですが、目立つと必ず打つ奴は出てくるもので、早速悪ガキ連中に「カラス女」と命名されてしまいました。あいつはカラスを飼っているとデマを流され、それがいつの間にか親がカラスだ、カラスに変身できる、本当はカラスだ、と噂が広まりました。SNSのない時代によくもここまでのデマが学校中に拡散されたもんだと今なら逆に感心してしまいますが、当時は本当に嫌で嫌で仕方ありませんでした。

とまあ、姉の電話から思い出した出来事でしたが、これを姉にすすめてもきっと却下されることは間違いないでしょう。なぜなら当時姉も「カラス女の姉」と呼ばれてすごく嫌がっていましたから。人と被りたくない方にはおすすめしますが、その際には「カラス人間」と呼ばれる覚悟はしておいた方がいいかもしれません。

投稿日:

社員旅行の沖縄の夜は一人で国際通りを徘徊するのがよきよき

今日は会社で沖縄旅行でした。朝5時に起床。先輩を車で迎えに行って、集合場所までレッツゴー。集合場所から関西空港までは後輩の車で移動でした。これぞ旅行と思ったことは、朝からビールを飲めることです。集合場所に到着した時間は7時過ぎでした。近くのコンビニに車を止めてもらい、ビールとおつまみを購入して関西空港までの道中で酒盛りが始まりました。

皆さんは朝からビールを飲んだことはありますか?ない人はぜひ!試してください。ほんまにうまいです。めちゃくちゃうまいです。朝一発目の水分がビールってめちゃくちゃ幸せです。関西空港に到着する頃にはほろ酔いで、飛行機に乗り込みました。飛行機の中は爆睡し、那覇空港に着いたらとりあえずオリオンビールで乾杯しました。

この時点で1.5リッターのビールを飲み干し、沖縄一軒目のグルメはステーキでした。沖縄は最近ステーキが流行っているらしく、街のいたるところにステーキ屋さんがありました。しかも晩御飯の締めはラーメンやソーキそばではなく、ステーキで締めるということが流行っているそうです。

沖縄のステーキは赤身が多く柔らかい肉質のステーキです。とてもヘルシーでしつこくないため、何グラムでも食べられます。昼から500グラム食べてしまいました。ちなみに私170センチの63キロで普通の体型ですからね。笑 その後は沖縄ワールドで鍾乳洞を見たり、エイサーの歌を聞きました。

沖縄ワールドを満喫したあとは、ホテルにチェックインし交際通りで島唄ライブ居酒屋へ行きました。この時点で、ビールは3リッターを超えていましたが、ちよこちょこ呑んでいたので元気でした。島唄ライブ居酒屋は沖縄料理居酒屋なのですが、沖縄料理は正直ちょっと苦手で、唯一気の許せる海ぶどうとビールばかり飲んでいました。途中で泡盛も飲みましたが、この辺りからふらふらしてきました。

なんとか一軒目が終わると、私は一人で夜の街へ繰り出しました。会社の旅行で周りは会社の人ばかり。結局気の許せる人間はいないんですよね。沖縄の夜の街は、一人でも楽しめました。先輩達はあのあとエッチなお店に行ったそうですが、私はとりあえずスロット屋さんにお金を増やしに行きました。

というのも、沖縄のスロットはメダルが大きいのって知っていますか?これは沖スロといい、外人仕様になっているため、スロットのメダルが一回り大きいのです。これを噂で知っていたのですが、実際に大きいかを体感したかったのでスロットを打ちました。実際に大きいメダルに触れて、とても感動しました。

結果は負けてしまいましが。。。スロットもほどほどに、このあとは一人で沖縄のバーへ繰り出しました。結構人見知りなのですが、関西人で関西弁なので、マスターや周りのお客さんと打ち解けることができ、3時ごろまで飲み明かしました。中々大阪では経験できない飲み方ができたのでとても楽しく、新鮮でした。沖縄は今回で2回目でしたが、また行きたいと思いました。次は家族でレッツ沖縄。

投稿日:

家族用に購入する商品でも、デパートではいつもの紙袋に入れてもらう方が嬉しいです

デパートに、スリッパを買いに行きました。母が家で履くスリッパです。母はサンダル型のつま先があいているスリッパが好きですが、近所のスーパにはあまり良い物がみつからず、デパートのリビング雑貨コーナーに行ってみました。

久しぶりのデパート。やっぱり置いてあるものに高級感がありますね。スリッパといえども、色や形やデザインや…ありとあらゆるものが置いてありました。サンダル型のスリッパも、可愛いものがたくさんありました。自分用のスリッパを選ぶのならば、汚れが見えにくいことを第一に考えます。でも、母にあげるスリッパなので、見た目も可愛くて履きやすいものを選ぶことにしました。

スリッパは、意外によく視界に入るものです。自分で履いていてもチョコチョコ目に入りますし、玄関に脱いでおくことも多いです。爽やかな色のものがいいかな…と思って見ていると、薄いグリーンに野草の花の刺繍が少し施してあるものを見付けました。すごく優しい雰囲気でいい感じです。

フローリングのマンション用に裏側にフェルト生地が貼ってあるスリッパもありますが、このスリッパには生地は貼ってありません。でも、台所仕事を考えると裏には布地は無い方が良いです。お値段は2000円弱。このスリッパに決めました。さて、レジでお金を払う時に「ご家庭用ですか?」と聞かれました。確かに”ご家庭用”と言えばご”家庭用”です。

スリッパは、プレゼントという程のものでも無いかもしれません。でも、この時思ったのがデパートの紙袋のワクワク感です。同じものが入っているとして、普通のレジ袋に入っているのと、デパートの紙袋に入っているものと比べてどうでしょうか?開ける時だけの楽しみとは言え、やっぱり”デパートのもの”と視覚で感じるには紙袋の力は欠かせないと思うのです。

「家庭用ですけど、紙袋で…」とお願いすることになりました。もちろん、いやな顔なんかされません。きれいなピンク色の紙袋にスリッパはしとやかに収まりました。電車に乗って普通に帰る途中も、やっぱりデパートの紙袋はなんとなく気分が明るくなります。さりげない非日常を感じられるグッズ…と言えるかもしれません。

母に渡すと、「わ~、どんなのかしら?」と嬉しそうに紙袋を丁寧に開けていました。中身のスリッパの春らしいデザインもとても喜んでくれました。紙袋は、たたんで本棚の下の部分にしまわれました。ご近所におすそ分けをする時にまた使うみたいです。私は日頃はエコバッグを持ち歩くタイプですが、すべて簡易包装にしてしまうのもちょっとつまらないと思います。デパートの紙袋には、中身プラス”ワクワク感”のすごさが潜んでいます。

投稿日:

散歩してて迷子になった、認知症のお婆ちゃんを送り届けて思った事。

今日、散歩していたら、一人のお婆ちゃんに道を尋ねられました。住所も分からず、要領を得なかったのですが、○○医院と目印になるものをやっと聞き出しておおよその場所の見当がつきました。その医院はそんなにも遠くではありませんでしたし、そのまま放っておくのも心配だったので、散歩がてら送って行った上げようと一緒に歩き始めました。

お婆ちゃんも散歩に出たのだけれど、帰り道が分からなくなってしまったとの事。話をするうちに何やら不自然な感じを受けて、お婆ちゃん、認知症だなと分かりました。妻の母親、つまり私にとっては姑が認知症で、その様子を身近で知っていたので気が付いたのです。

お婆ちゃんに、また迷子になったら困るから住所を書いたメモを持って出かける様にしたらと言うと、一緒に住む息子が、痴呆みたいなそんな格好の悪い事はするなと怒るのだそうです。自分の住む家の住所ぐらい覚えておけといつも叱られると、お婆ちゃんは嘆いていました。

件の医院の前まで来るとお婆ちゃんはやっと分かったようなのですが、何軒か並んでいる一軒家の表札を一つ々々の見ていきます。そして3軒目の表札の名前を読んでから、こちらに礼を言いながら腰を折ると門の中に入って行きました。お婆ちゃんは物の形の認識力が弱って来ているのです。だから家の複雑な形では自宅が分からないので表札の名前を確認していたのでした。

認知症の症状は、脳のどの部分が衰退するのかによって現れる症状は千差万別です。つまり認知症の全体的な特徴は、満遍なく能力が衰えてくるのではなく、ある能力についてだけ衰えて他の部分では正常人と変わらない事です。

だから認知症をよく理解していない人は単なる怠慢やサボりなど本人の努力不足が原因だと考えて、しっかりしろとなじる事が多い様です。また狂人の様に思って近所に対して恥ずかしいと感じる人もいて、間違った対処をしてしまう事も少なくない様です。認知症の当人は自己の能力の衰えを自覚しており、そんな自分が情けなかったり腹立たしかったりとストレスを抱えています。

家族に理解がないと、そのストレスは倍増して増々に症状を悪化させかねません。ウチの年寄り最近ちょっと変?と感じた人は先ず病院に相談しましょう。スマホやパソコンで認知症を検索すれば、たくさんの情報が得られるので、お年寄りが家族に居る方は事前に勉強しておく事が大切だと思います。お婆ちゃん、可哀そうにね。息子さんが早く理解できればいいのにね。

投稿日:

僕の趣味ですごくはまっているアイドルグループについて

今ハマっているアイドルグループはレコード大賞をインフルエンサーとシンクロニシティで今二連覇中で今年も有力候補と言われてる今のりに乗っている№1のアイドルグループと言ってもいいグループの乃木坂46にハマっています。乃木坂のことは結成した年にに知り応援するようになりもう8年目に突入しています。

ライブに握手会などいろいろなイベントに参加してメンバーにも名前を覚えてくれてる人もいます。乃木坂は今インフルエンサーやシンクロニシティや西野七瀬の最後のセンター曲の帰り道は遠回りしたくなるなどミリオン達成曲が増えてきていてファンとして嬉しいです。

乃木坂の中で好きなメンバーは卒業してしまった衛藤美彩と現絶対的エースの白石麻衣の二人が好きで、衛藤美彩は一期生ながら七枚目シングルのバレッタまで選抜メンバーに選ばれず本人も辛かったと思うが諦めず一生懸命頑張っていて成果が出たんじゃないかなと思います。

衛藤美彩ファンからしたら選抜メンバーに選ばれたのは凄く嬉しいですしもっと応援していこうと七枚目バレッタの時は思っていました。それから衛藤美彩はもの凄く成長していき今話したい誰かがいるとインフルエンサーでは一列目のフロントに抜擢されるなど人気メンバーとして覚醒しました。

今年の2月に卒業発表しシングルでは去年の帰り道は遠回りしたくなるが最後でした。3月31日のインテックス大阪で行われた帰り道は遠回りしたくなる全国握手会に衛藤美彩のファンとしてと卒業企画実行委員会として衛藤美彩を乃木坂のメンバーとして最後の姿を目に焼き付け見送りました。

卒業してもずっと応援していきます。白石麻衣は結成当時からエースとして知られていて今ではシンクロニシティやインフルエンサーやガールズルールなどのシングルでセンターに抜擢されていてこれからもセンター曲がきっとあると思います。それからエースとしても乃木坂を引っ張ってほしいです。

今年の夏に卒業発表するんじゃないかと噂されているんですけど、まいやんはまだまだ乃木坂に残って欲しいしこれからも乃木坂エースとしてトップに君臨していて欲しいなと思っています。

まいやんが辞めると乃木坂46が崩壊に向かうとも言われていて、崩壊する乃木坂を見たくないですし乃木坂の白石麻衣をまだまだ見たいのでまだ辞めて欲しくないと僕だけじゃなくファンも思っていると思います。これからも女優の衛藤美彩と乃木坂のエース白石麻衣をずっと応援していこうと思います。

投稿日: