黒猫ちゃんが我が家にやってきました!(但し不法侵入)

今日は、猫が我が家にやって来ました。勿論飼うわけではありません。文字通り「来た」のです。近所の飼い猫、黒猫ちゃん。普段は近所の庭で日向ぼっこしたり、屋根の上を走り抜けて家の中にいる人を驚かせたりしているヤンチャ猫です。ご近所さんでも有名で、飼い主がいるので餌付けこそ皆しないものの、元気に走り廻る様を皆笑顔で眺めていました。ただ、人馴れしているとはいっても、屋内に入ってくることは今までありませんでした。

常々我が家は扉を締め切っていますから、入ってくるはずがないとも思い込んでいましたし。ところが今日、買い物から帰ってくると、誰もいなかったはずの家の中を一瞬走る小さな黒い影。見間違いかと思ったものの、耳をすましてみれば小さく聞こえるニャーという啼き声。近付いて確認してみれば、近所のアイドル黒猫ちゃんがトコトコ歩いています。

最初はうっかりミスの多い母が疑われたものの、すぐに無罪放免。軒下が一部壊れてしまっていて、そこから入り込んでしまったようです。小さくて本当に小動物が入り込めるほどの穴です。いつの間に空いていたのやら……。

原因がわかったものの、家の中に入り込んだ黒猫ちゃんをどうするのかでまた一悶着。何しろ我が家、猫を飼ったことのある者がいないのです。どうやって捕まえるのか、と途方にくれました。扉を開け放してはみたものの、居心地が良かったのか飼い主さん家とは違う環境が物珍しいのか、出て行かず我が家を走り廻っています。

当然土足の黒猫ちゃん。足を拭いてから屋内に入る、なんてマナーもありません。キュートな足跡をそこかしこにスタンプしつつ、縦横無尽に家の中を走り廻ります。何とか自分たちで捕まえて、飼い主さんに知られることなく穏便にことを済ませようとは頑張ってみましたが、猫の知識がない我が家ではどうにもなりません。

人様のペットに何か起こってからというのも怖いので、結局飼い主さんにご連絡して引き取りに来て頂きました。飼い主さんは、本当に申し訳無さそうな顔で引き取りに来られました。猫はあまり懐かないなんてよく聞きますが、飼い主さんが迎えに来られると、ひょいと出てきてゴキゲンそう。嵐はあっさり去っていきました。

足跡の拭き掃除も何とか終わって、今から軒下の修理です。業者に頼むほどでもないので、ホームセンターで材料を買いこんでのんびり修繕しようと思います。不幸中の幸い、雨や雪の時期ではなくて良かったです。

投稿日: